心の病気を調べたいトップ > 社会的支援精神科の入院形態

精神科の入院形態

精神科の入院制度の種類について

精神科の入院制度は精神保健福祉法によって、任意入院、措置入院、緊急措置入院、医療保護入院、応急入院という入院制度が決められています。
それでは各入院制度について以下でご紹介します。


スポンサードリンク

任意入院

任意入院とは、本人が入院を同意した場合に入院する形式で、精神科での入院の中で最も多いものです。

【任意入院の特徴】
患者条件‥特になし、診察医‥非指定でも可、 入院の命令者‥なし、 保護者の同意‥不要、 入院期間‥制限なし

措置入院

措置入院とは、患者の症状が重い場合の入院で、症状によって自分や他人を傷つけたり、その恐れががある場合が措置入院の患者の条件です。精神科の入院の中での措置入院は、全体の数パーセントであるといわれています。

【措置入院の特徴】
患者条件‥自傷・他傷の事実あるいは恐れ、 診察医‥精神保健指定医2名の合意、 入院の命令者‥都道府県知事,政令指定都市市長、 保護者の同意‥不要、 入院期間‥制限なし

緊急措置入院

緊急措置入院とは、2名の精神保健指定が確保できない場合でも、緊急性が高い時は、精神保健指定医が1名の診察でも入院が可能な制度です。この場合でも、必ず72時間以内にもう1名の精神保健指定医による診察が必要となります。

【緊急措置入院の特徴】
患者条件‥自傷・他傷の事実あるいは恐れ、 診察医‥精神保健指定医1名、 入院の命令者‥都道府県知事,政令指定都市市長、 保護者の同意‥不要、 入院期間‥72時間

医療保護入院

医療保護入院は本人の同意が取れないために任意入院ができず、措置入院ほどの症状が重くない場合の強制入院です。
この医療保護入院として強制入院させるには保護者の同意が必要となります。
【医療保護入院の特徴】
患者条件‥医療と保護の必要性、 診察医‥精神保健指定医1名、 入院の命令者‥病院管理者、保護者の同意‥必要、 入院期間‥制限なし

応急保護入院

応急保護入院は患者の症状は上記の医療保護入院と同程度ですが、緊急の入院が必要で保護者の同意がすぐに取れない場合に行われる強制入院です。

【応急入院の特徴】
患者条件‥緊急入院が必要、 診察医‥精神保健指定医1名、 入院の命令者‥病院管理者、 保護者の同意‥不要、 入院期間‥72時間


スポンサードリンク



精神科の入院形態は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .