心の病気を調べたいトップ > 社会的支援精神保健福祉センターや保健所の役割

精神保健福祉センターや保健所の役割

精神保健福祉センターとは?

精神保健福祉センターは精神保健福祉法に基づいて設置されている機関で、都道府県単位であります。
精神保健センターでの主な役割は、対応が複雑で難しい精神障害者に対する直接相談や、精神保健の知識の普及などが活動の目的となっています。
そのほかにも様々な役割を担っていて、精神保健福祉センターは各センターによって規模も特徴も異なっています。


スポンサードリンク

保健所での精神保険事業

保健所では地域保健法に基づいて人口30万人に1ヶ所設置されており、精神保健活動も担当しています。
保健所では地域住民お心の健康を保つ、心の病気を早期発見して治療につなげる、精神障害者の社会復帰や自立・社会参加を援助する、などの目的で活動を行っています。

そのため、相談活動、訪問活動、デイケア運営、家族教育プログラムなどを行う福祉的機能を、精神保健福祉センターと同様に有しています。


スポンサードリンク



精神保健福祉センターや保健所の役割は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .