心の病気を調べたいトップ > 社会的支援情緒障害児短期治療施設や児童自立支援施設

情緒障害児短期治療施設や児童自立支援施設

情緒障害児短期治療施設とは?

情緒障害児短期治療施設は情短施設とも呼ばれ、厚生労働省の調査によると2006年では全国で27の施設があります。
情緒障害児短期治療施設では軽度の情緒障害をもつ子供を短期間入所させたり、又は保護者の下から通わせてその情緒障害を治療することが目的で、退所した子供については、相談やその他援助を行うことも目的としています。


スポンサードリンク

児童自立支援施設とは?

児童自立支援施設とは以前は教護院と呼ばれていた施設であり、2006年の厚生労働省の調査では、全国で56の施設があります。
以前までは教護院と呼ばれるように、不良行為を行ったり、その行為を行う恐れのある子供が対象でしたが、現在では法改正によって、家庭環境やその他の環境上の都合によって生活指導が必要な子供も対象となっております。

児童養護施設

児童養護施設は以前、養護施設と呼ばれていましたが、平成十年度から児童養護施設として児童の自立支援を強化する施設となりました。
児童養護施設は、保護者のない児童や家庭内で虐待を受けた児童、その他養護が必要とされる児童をを守るためことが目的の1つです。また対処後のケアも法制化されております。
2006年度の厚生労働省の調査では全国で558の施設があります。


スポンサードリンク



情緒障害児短期治療施設や児童自立支援施設は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .