心の病気を調べたいトップ > 社会的支援児童相談所の役割

児童相談所の役割

児童相談所の役割について

児童相談所は18歳未満の児童に生じる問題に対して相談できる施設で、各都道府県に必ず1つ以上あります。
子供の問題に対応する児童相談所の役割は広範囲にわたります。例えば、子供が親によって人権や福祉を阻害されている場合は、家庭裁判所で親権喪失宣告の請求を行うことができます。
このように、児童相談所は子供、保護者、関係者に対して指導や保護などの行政的な措置機能を有しています。


スポンサードリンク

児童相談所で相談できる種類

1.養護相談、2.保険相談、3.視聴覚障害相談、4.言語発達障害相談、5.肢体不自由相談、6.重症心身障害相談、7.知的発達障害相談、8.自閉症相談、9.言葉の遅れ相談、10.教護相談、11.接触行為等相談、12.不登校相談、13.性格行動相談、14.しつけ相談、15.適性相談、16.言葉の遅れ相談、17.里親希望の相談
などその他にも様々な相談があります。


スポンサードリンク



児童相談所の役割は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .