心の病気を調べたいトップ > 治療法の概略高照度光療法

高照度光療法

高照度光療法とは?

高照度光療法とは、1980年代に創案された身体療法の1つで、高照度の光を浴びることで主に季節性感情障害の治療をおこないます。
季節性感情障害はある特定の季節にうつ状態を繰り返します。特に多い秋から冬にかけて生じる季節感情障害は日照時間に関係するといわれているため、高照度光療法が有効であると確認されています。


スポンサードリンク

高照度光療法とは?

高照度光療法とは2500〜3000ルクスの照度がある蛍光灯を並べて、その前で過ごします。この光照射に浴びる時間は約2時間が一般的です。
例えば、冬季に起こる季節感情障害患者の治療の場合は、冬季の間は治療を続けることが多いです。


スポンサードリンク



高照度光療法は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .