心の病気を調べたいトップ > 治療法の概略自律訓練法

自律訓練法

自律訓練法

自律訓練法はリラクゼーションによってストレスに対処する方法です。
そのため、疲労回復、感情を落ち着かせる、集中力の向上、能率の向上、自己統制力の強化が期待されます。
自律訓練法は、あがり、不安、不眠、肩こり、生理不順などの症状や心身症的な症状に対しても用いられることがあります。
また、心の医療分野だけではなく、スポーツのメンタル強化や教育、仕事などでも取り入れられることがあります。


スポンサードリンク

自律訓練法の歴史

自律訓練法の歴史は、ドイツの神経科医シュルツが考案しました。
そして、シュルツが1932年に「自律訓練法−注意集中自己弛緩法」という本を出版してから、ヨーロッパ諸国や日本で広く適用されるようになりました。


スポンサードリンク



自律訓練法は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .