心の病気を調べたいトップ > 治療法の概略芸術療法

芸術療法

芸術療法とは?

芸術療法とは芸術活動を通して、病気を治療するだけではなく症状も予防し、心身の安定を図る治療法です。
芸術療法は芸術活動を通じた治療法の総称であるため、芸術療法の種類には箱庭療法、コラージュ療法、写真療法、陶芸療法、音楽療法、ダンス療法、詩歌療法、書道療法、舞踏療法などがあります。


スポンサードリンク

芸術療法の対象例

芸術療法はどのような心の病気に対して行われているのでしょうか?以下にその対象例を紹介します。

【芸術療法の対象例】
心身症、心因反応、摂食障害、躁うつ病、非定型精神病、老年期の精神障害、子供の問題行動など

芸術療法の特徴

芸術療法の特徴としては芸術活動を通じて、患者さんの心の内面を表現することができます。その結果、葛藤や昇華、浄化などの開放や解消が期待でき、問題点を客観的に把握して理解することも期待できます。
さらに作品を作り出すことで、創作活動の喜びを実感することもできます。


スポンサードリンク



芸術療法は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .