心の病気を調べたいトップ > 治療法の概略遊戯療法(プレイセラピー)

遊戯療法(プレイセラピー)

遊戯療法とは?

遊戯療法(プレイセラピー)は、言語能力が未発達な子供が、自分の考えや感情を言葉で表現することが困難な場合に、遊びをコミュニケーションの手段として用いる治療法です。

遊戯療法では個人で行う場合と集団で行う場合がありますが、遊び道具があり、自由に動ける広さと安全性を持つ場所で行われます。
遊戯療法の対象となる小児は、例えば自閉症、学習障害、精神遅滞、分裂病などの病態を持つ子供に対して行われています。


スポンサードリンク

遊戯療法の実際

それでは、遊戯療法とはいったいどのようなことが行われているのでしょうか?
例えば、「お絵かき」「音楽」「お話作り」などがあり、このような遊びを通じて自己表現をさせていきます。
そして創造的体験を通して子供と治療者とのコミュニケーションをはかります。


スポンサードリンク



遊戯療法(プレイセラピー)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .