心の病気を調べたいトップ > 治療法の概略催眠療法

催眠療法

催眠療法とは?

催眠療法とは催眠状態(催眠トランス)と呼ばれる特殊な意識状態を利用して行う精神療法をいいます。
催眠療法の特性には、不安の軽減、痛覚の低下、無意識への接近、再条件付けの促進などが期待できます。
海外では催眠療法は頻繁に用いられている精神療法であり、恐怖心軽症、疼痛のコントロール、解離症状、転換症状などに広い範囲で利用されています。


スポンサードリンク

標準催眠療法

標準催眠療法とは最もポピュラーな催眠療法で、催眠誘導してから症状を取り去る暗示を行います。

標準催眠療法では不安の軽減や痛覚の低下という催眠状態の特性を利用します。 例えば、疼痛やリハビリ訓練、外科的処置・検査など、心身の苦痛の救済にも期待できます。

併用催眠療法

併用催眠療法とは、催眠療法とそのほかの精神療法を併用する治療法です。
催眠療法の"無意識の接近"という特性を生かして、併用する精神療法の効果を促進させます。


スポンサードリンク



催眠療法は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .