心の病気を調べたいトップ > 治療法の概略集団精神療法

集団精神療法

集団精神療法とは?

集団精神療法とは集団療法(group therapy)とも呼ばれ、集団で行う精神療法のことをいいます。
集団精神療法には同じ問題を持ったグループと、それぞれが異なる問題を持ったグループがあります。例えば、同じ問題を持ったグループでの集団精神療法では「アルコール依存患者の断酒会」がその1つに当てはまります。


スポンサードリンク

集団精神療法の特徴

同じ問題を持った人が集まる集団精神療法での利点は、個々の気持ちや体験を共有できるということです。他の人たちとの治療的共感、所属感、支持などが生じ、患者さんにとって大きな助けとなります。
そして、集団精神療法では患者さん同士の話し合うというところが、他の精神療法と比べて特徴的です。

集団精神療法の実際

集団精神療法では7人〜8人のグループが一般的ですが、大きなグループになると30人〜40人のところもあります。
話し合いの場所では誰もが平等であり、思いついたことや困っていることなどを何でも話し合います。


スポンサードリンク



集団精神療法は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .