心の病気を調べたいトップ > 治療法の概略認知行動療法

認知行動療法

認知行動療法とは?

認知行動療法は認知療法と行動療法を組み合わせた精神療法です。
認知行動療法では人が抱えている「環境問題、行動の問題、認知の問題、感情や情緒の問題、身体の問題、動機付けの問題など」の問題点に対して自己理解を深め、その問題を整理し、合理的に解決していく治療法です。


スポンサードリンク

認知行動療法とセルフモニタリング法

認知行動療法では症状や問題の解決するために、問題を理解・整理してセルフコントロールしながら解決していきます。
この解決法で有効なものが、セルフモニタリング法というものです。
セルフモニタリング法は、習慣的に行っていることを記録して客観的に理解しようとする方法で、自分自身の問題発見の手助けとなります。


スポンサードリンク



認知行動療法は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .