心の病気を調べたいトップ > 治療法の概略認知療法

認知療法

認知療法とは?

認知療法とは私たちのものの見方や考え方(認知)の偏りを修正する精神療法です。
人はストレスが強くなると、悲観的な考え方や見方をしてしまうことがあります。このような状態に陥ると認知がかたよっているため、不安と憂鬱の悪循環に陥りやすくなります。
そこで認知療法ではこの認知のかたよりを修正することで、不安や憂鬱などの気分を和らげていきます。


スポンサードリンク

認知療法の方法

認知療法では患者さんのものの見方や考え方を修正していきます。
このような認知の修正方法について、一部を大まかに紹介します。

1.根拠を探す。
「どうしてこのような考えをしたのか?」「何か根拠があるのか?」というように、自分の考えていた根拠を探して見直す方法があります。

2.その後の結果を考える
「もし、そうなったとしてどのようなことがおきるのだろうか?」「それはどのぐらい重要なことなのだろう?」といった結果について考えることで、客観的な視点を持つような方法があります。

3.五つのコラム法
五つのコラム法と呼ばれる方法で、別の考え方はないかどうかを考えて、現実的なものの見方にかえる方法があります。


スポンサードリンク



認知療法は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .