心の病気を調べたいトップ > 治療法の概略家族療法

家族療法

家族療法とは?

家族療法は1950年代のアメリカから始まって、1980年代に日本でも始まった治療法です。家族療法では個人ではなく家族を対象とし、家族の力で問題を解決していくための治療法です。
家族療法では、精神症状や問題行動は、個人の周りの関係性から生じていることとして考え、誰が悪くて誰が原因になっているということは考えません。
家族療法は、そのような過去の原因などに目を向けるのではなく、現在や未来に対してどのように問題を解決していくか、というところに焦点をおいて問題を解決していきます。


スポンサードリンク

家族療法の対象となる病気

家族療法の対象となる病気は幅広く、限定されません。
過食症、拒食症、対人恐怖症、境界性人格障害、精神分裂病、アルコール依存症、うつ病など様々で、その他にも幅広く適用することが可能です。


スポンサードリンク



家族療法は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .