心の病気を調べたいトップ > 子供の心の病気青年期境界例(症状・治療)

青年期境界例(症状・治療)

青年期境界例とは?

青年期境界例とは神経症と精神分裂病の病気に似ていますが、どちらとも付けがたい病気であることから青年期境界例といわれています。
このように言われていますが、青年期境界例ではいまだに様々な議論が交わされている比較的新しい病名です。


スポンサードリンク

青年期境界例の症状

青年期境界例の特徴的な症状には、感情の不安定、慢性的な孤独感や虚無感、衝動的行為、精神病的な症状、神経症のような症状などがあります。
青年期境界例ではこのような様々な症状がみられます。

青年期境界例の治療

青年期境界例の原因には”親離れ、子離れ”が関係しているとも考えられているため、親子関係を改善することが治療の一つになります。
その他には青年期境界例の症状(不安定な状態や精神病様症状など)を改善するために、治療には薬物療法を用いることもあります。


スポンサードリンク



青年期境界例(症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

子供の心の病気一覧

心の病気を調べたいトップ


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .