心の病気を調べたいトップ > 子供の心の病気抜毛症(症状・治療)

抜毛症(症状・治療)

抜毛症とは?

抜毛症は「ばつもうしょう」と呼び、自分の毛(頭髪、まつ毛、眉毛など)を抜く癖があることをいいます。この抜毛症は思春期から青年期の女の子に多いですが、まれな病気です。
抜毛してしまう原因は様々ですが、例えば皮膚をかゆく感じたりする皮膚感覚の異常から生じることもあります。


スポンサードリンク

抜毛症の症状

抜毛症の症状は自分の毛を抜いてしまう症状がみられます。
そのため、自分で毛を抜いてしまって頭がはげてしまったり、抜いた髪の毛が床やゴミ箱に落ちていたりします。

抜毛症の治療

抜毛症の治療には主に心理療法が用いられます。
その他にも行動療法、精神分析的心理療法、親のカウンセリングなどがあります。


スポンサードリンク



抜毛症(症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

子供の心の病気一覧

心の病気を調べたいトップ


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .