心の病気を調べたいトップ > 子供の心の病気悪夢障害/夜泣き(症状・治療)

悪夢障害/夜泣き(症状・治療)

悪夢障害/夜泣きとは?

悪夢障害とは夜泣きとも呼ばれて、睡眠時に怖い夢を見てその怖さで目を覚ます状態をいいます。特に異常なものではなく、幼児にとっては普通にみられる現象です。
悪夢障害になるときは寝る前に怖いテレビを見たり、他の子供から意地悪されたりする日に起こりやすいと言われています。


スポンサードリンク

悪夢障害/夜泣きの症状

悪夢障害の症状は寝ているときに怖い夢を見て、恐怖で目が覚めます。
その怖い体験を夢で見たとき、子供の場合は夢と現実の区別が付きにくいために、目が覚めた後も泣き叫んだり、寝付けなくなってしまいます。

悪夢障害/夜泣きの治療

悪夢障害は数ヶ月から数年で消失する一過性であることが多いために、治療する必要がないことが多いです。


スポンサードリンク



悪夢障害/夜泣き(症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

子供の心の病気一覧

心の病気を調べたいトップ


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .