心の病気を調べたいトップ > 子供の心の病気睡眠時遊行症/夢遊病(症状・治療)

睡眠時遊行症/夢遊病(症状・治療)

睡眠時遊行症/夢遊病とは?

睡眠時遊行症とは夢遊病とも呼ばれて、睡眠中に突然起き上がって歩き回る状態をいいます。この睡眠時遊行症は子供の睡眠障害の1つであり、遺伝的要因、心理的ストレス、脳の発達などが原因として考えられています。


スポンサードリンク

睡眠時遊行症/夢遊病の症状

睡眠時夜遊行症の症状は睡眠していて突然起き上がって歩き回る状態がみられます。
このような歩き回っている状態でも、本人はノンレム睡眠という睡眠状態であるため、目覚めさせることは難しいです。
なお、睡眠時夜歩症の症状について本人は朝目覚めても覚えていません。

睡眠時遊行症の治療

睡眠時遊行症の治療には行動療法や薬物療法が必要な場合がありますが、一般的に子供が成長するにつれて、睡眠時遊行症は自然に消滅します。


スポンサードリンク



睡眠時遊行症/夢遊病(症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

子供の心の病気一覧

心の病気を調べたいトップ


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .