心の病気を調べたいトップ > 子供の心の病気反抗挑戦性障害(症状・治療)

反抗挑戦性障害(症状・治療)

反抗挑戦性障害とは?

反抗挑戦障害とは反抗的で挑戦的な言動を繰り返す障害のことをいいます。
子供には反抗期というのがあり、自我やコミュニケーション能力の成長に大切な期間です。ところが、その期間が異常に長かったり、特定な人に対して過剰に反応して頻繁に繰り返す場合は、反抗期挑戦性障害の可能性があります。


スポンサードリンク

反抗挑戦性障害の症状

反抗挑戦性障害の症状は、一般的に3歳〜8歳までに発症しますが、思春期以降に発症はみられません。
主な反抗挑戦性障害の症状には、口論、かんしゃく、大人の要求を無視、わざと他人をイライラさせるなどをしばしば行います。
その他には神経過敏、怒りやすい、イライラしやすい、執念深いなどの症状があります。

反抗挑戦性障害の治療

反抗挑戦性障害の治療には、個人精神療法によるカウンセリングが行われます。一方、両親に対しては行動療法が行われることがあります。


スポンサードリンク



反抗挑戦性障害(症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

子供の心の病気一覧

心の病気を調べたいトップ


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .