心の病気を調べたいトップ > 子供の心の病気常同運動障害(症状・治療)

常同運動障害(症状・治療)

常同運動障害とは?

常同運動障害の常同運動とは、目的もなくある動作やしぐさを繰り返すことです。この常同運動によtって日常生活や社会的な活動に支障が出たり、治療を受けるぐらいのケガをすることが4週間以上続く場合、常同運動障害といわれます。

常同運動障害を引き起こす原因には緊張やストレス、精神的な葛藤、欲求不満、神経伝達物質によるものなど様々なことが考えられていますが、いまだはっきりとわかっていません。


スポンサードリンク

常同運動障害の症状

常同運動障害の症状は目的もなくある動作やしぐさを繰り返す常同運動が見られます。
具体的な常同運動には爪噛み、指しゃぶり、頭突き、手を振る、体をゆするなどの動作が多いです。このような動作はほとんどの場合、本人の癖のようなものです。

常同運動障害の治療

常同運動障害の治療には心理療法、行動療法、精神分析的療法、親子カウンセリングなどがあります。常同運動は一過性で消失することが多いといわれています。


スポンサードリンク



常同運動障害(症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

子供の心の病気一覧

心の病気を調べたいトップ


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .