心の病気を調べたいトップ > 子供の心の病気分離不安障害(症状・診断・治療)

分離不安障害(症状・診断・治療)

分離不安障害とは?

分離不安障害とは、身近な家族や大事な人と離れたときに起こる不安感のことをいいます。このような不安感は子供は持って当然のことで、ホームシックもこの不安感にあたります。
ところがこの不安感が非常に強くて日常生活に支障が出る場合は、分離不安障害といわれます。


スポンサードリンク

分離不安障害の症状

分離不安障害の症状は不安感が強くなって日常生活に支障が出ることです。

例えば、引き離れることによって苦痛を感じて頭痛、腹痛といった症状を訴えたり、登校拒否を引き起こしたりします。
このような分離不安障害の症状は7歳〜8歳の子供が多く、過保護な親を持つ子供や他の人の顔を気にしやすい子供が起きやすいといわれています。

分離不安障害の診断

分離不安障害の診断には、身体的な異常の有無を確認し、DSM-W(アメリカ精神医学会)などの診断基準にもとづいて診断されます。

分離不安障害の治療

分離不安障害の治療には遊戯療法、個人精神療法、家族療法、薬物療法などがあります。


スポンサードリンク



分離不安障害(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。

子供の心の病気一覧

心の病気を調べたいトップ


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .