心の病気を調べたいトップ > 子供の心の病気吃音症(症状・治療)

吃音症(症状・治療)

吃音症とは?

吃音症とはどもりとも呼ばれ、コミュニケーション障害の1つです。
コミュニケーション障害は、養育環境や脳・聴覚などには異常がありませんが、年齢に対する言語能力が追いついていない状態をいいます。
そして吃音症(どもり)は、話すときに言葉を延ばして発音したり、語音の反復、音声のつまりなどが生じて普通に話せない状態です。


スポンサードリンク

吃音症の症状

吃音症の症状は語音の反復・音声のつまり・延びた発音などの症状で、2歳〜5歳の男の子にみられることが多いです。
早期発見が大切で、早期の場合は回復しやすいですが、慢性化すると普通に話すことがほとんどできなくなります。治っても再発したり、成人になって吃音症の症状があらわれることもあります。

吃音症の症状に加えて、うつ症状、音韻障害、表出性言語障害、受容-表出混合性言語障害、注意欠陥などもみられることがあります。

吃音症の治療

吃音症の治療には主に言語療法がありますが、精神科的な治療法が行われることもあります。吃音症がひどくて、本人が非常に苦痛を強いる場合は言語訓練なども行います。


スポンサードリンク



吃音症(症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

子供の心の病気一覧

心の病気を調べたいトップ


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .