心の病気を調べたいトップ > 子供の心の病気受容-表出混合性言語障害(症状・診断)

受容-表出混合性言語障害(症状・診断)

受容-表出混合性言語障害とは?

受容-表出混合性言語障害はコミュニケーション障害の1つです。
コミュニケーション障害は、養育環境や脳・聴覚などには異常がありませんが、年齢に対する言語能力が追いついていない状態をいいます。
そして受容-表出混合性言語障害は、他の人がしゃべっている内容を理解(受容能力)することもできず、身振りや話すことで自分の考えや意思を示すことも、年齢相応に追いついていません。


スポンサードリンク

受容-表出混合性言語障害の症状

受容-表出混合性言語障害の症状は話す能力や話言葉の理解が年齢相応に追いついていません。そのため症状が重いと言葉を話すことができず、言葉にも反応しない状態が2歳になっても続くことがあります。

また、受容-表出混合性言語障害に加えて、学習障害・注意欠陥・多動性障害・不安障害・うつ病性障害などを伴うことも多いといわれています。

受容-表出混合性言語障害の治療

受容-表出混合性言語障害の治療には主に言語療法がありますが、精神科的な治療法が行われることもあります。


スポンサードリンク



受容-表出混合性言語障害(症状・診断)は以下のカテゴリに属しています。

子供の心の病気一覧

心の病気を調べたいトップ


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .