心の病気を調べたいトップ > 子供の心の病気構音障害(症状・治療)

構音障害(症状・治療)

構音障害とは?

構音障害は発達性言語障害の1つです。
発達性言語障害は、養育環境や脳・聴覚などには異常がありませんが、年齢に対する言語能力が追いついていない状態をいいます。
そして構音障害は、正しい構音が発音できない状態をいいます。


スポンサードリンク

構音障害の症状

構音障害の症状は正しい構音が発音できない状態がみられます。
たとえば、「サ」が「タ」と発音してしまう音の置換、「ヒコウキ」が「コウキ」となってしまう音の省略、「オニギリ」が「オニリギ」となってしまう音の転倒、そのほかにも子音の脱落、音の歪曲などがあります。

構音障害の治療

構音障害は子供が8歳にまで成長するにつれて自然と治ることが多いですが、中には8歳になっても目立つことがあります。
このような場合は構音障害の治療が必要で、言語療法や精神科的な治療法が行われることもあります。


スポンサードリンク



構音障害(症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。

子供の心の病気一覧

心の病気を調べたいトップ


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .