心の病気を調べたいトップ > 子供の心の病気表出性言語障害(症状・診断・治療)

表出性言語障害(症状・診断・治療)

表出性言語障害とは?

表出性言語障害はコミニュケーション障害のひとつです。
コミュニケーション障害とは、脳や聴覚器官などには異常がないものの
言語能力が年齢相応に達していない障害のことをいいます。このコミュ
ニケーション障害には音韻障害、表出言語障害、受容-表出混合性言語障
害、咆音症(どもり)の4つに分類されます。また、原因は諸説あります
が詳しくは明らかになっていません


スポンサードリンク

表出性言語障害の症状

表出性言語障害の症状は、年齢相応の話す能力がないという特徴があり
ます。しかし、言葉などの理解はできており、身振りなどで意思表示す
ることは可能です。

表出性言語障害の診断

表出性言語障害の診断には、話し方や発音などにより判断されます。
一般に1〜2歳前後になると赤ちゃん言葉を話せるようになる普通で
すが、コミュニケーション障害のある場合、話し方や発音に違いが出
るようになってしまいます。

表出性言語障害の治療

表出性言語障害の治療には主に言語療法が用いられます。また、精神
的治療がなされる場合もあります。しかし、家族などが無理に発音矯
正をするのは逆効果で、精神的悪影響を及ぼす場合があるので注意が
必要です。


スポンサードリンク



表出性言語障害(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。

子供の心の病気一覧

心の病気を調べたいトップ


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .