心の病気を調べたいトップ > 子供の心の病気書字表出障害(症状・診断・治療)

書字表出障害(症状・診断・治療)

書字表出障害とは?

書字表出障害は学習障害の1つです。
学習障害とは、全体的には知能の遅れはないものの、聞く、読む、書く
話すといった特定の能力に対して困難を示す障害のことです。大きく
分けて、読字障害、算数障害、書字表出障害の三つに分類されます。
しかし、なにが原因なのかは詳しくは解明されていません。


スポンサードリンク

書字表出障害の症状

書字表出障害の主な症状としては、知能や感覚器官には異常はないものの、
書字能力が、期待されるレベルより著しく低い場合を言います。

書字表出障害の診断

書字表出障害の診断には、スクリーニングテストで選別された後、行動観察
や、感覚器官や認知能力などの各種検査により学習障害の分類がなされ
ます。

書字表出障害の治療

書字表出障害の治療には、教育を中心とした治療がなされます。教育により
脳内の神経ネットワークが広がっていき、知識や社会適応能力なども高
まっていきます。


スポンサードリンク



書字表出障害(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。

子供の心の病気一覧

心の病気を調べたいトップ


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .