心の病気を調べたいトップ > 子供の心の病気最重度精神遅滞(症状・診断・治療)

最重度精神遅滞(症状・診断・治療)

最重度精神遅滞とは?

精神遅滞とは、先天性代謝異常や染色体異常、脳の奇形などが原因とな
知的機能が平均以下で、日常生活や社会生活への適正が困難になってい
る状態のことを言います。知能指数に応じて、軽度精神遅滞、中等度精
神遅滞、重度精神遅滞、、最重度精神遅滞に分類されます。


スポンサードリンク

最重度精神遅滞の症状

最重度精神遅滞の症状としては、言葉はほとんど話せない状態のようで
す。また多くの場合、食事や排泄などの介護が必要になります。

最重度精神遅滞の診断

最重度精神遅滞の診断には、知能検査の結果により判断されます。
最重度精神遅滞はIQ20〜25以下の場合のようです。

最重度精神遅滞の治療

最重度精神遅滞の治療には、原因となる病気により、障害や後遺症を最小
限にくいとめることができます。初期の場合、食事療法やホルモン置換
療法により進行を防いだりすることができます。


スポンサードリンク



最重度精神遅滞(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。

子供の心の病気一覧

心の病気を調べたいトップ


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .