心の病気を調べたいトップ > その他障害てんかんの小発作(症状・診断・治療)

てんかんの小発作(症状・診断・治療)

てんかんの小発作とは?

てんかんとは、脳の神経細胞の過剰興奮により、けいれんや意識障害な
どの発作を引き起こしてしまう病気です。てんかんはその症状によって
大発作、小発作、部分発作に分類されます。
また、100人に一人はてんかん持ちだといわれています。


スポンサードリンク

てんかんの小発作の症状

てんかんの小発作の主な症状としては意識消失があげられます。瞬間的
に意識が途切れ、手に持っているものを落としたりしてしまいます。
この小発作は、子供から大人まで起こりますが、4〜8歳くらいの小児
によく見られる症状のようです。

てんかんの小発作の診断

てんかんの小発作の診断には、主に問診と脳波検査によりなされます。

てんかんの小発作の治療

てんかんの小発作そのものの治療には、抗てんかん薬が用いられます。
抗てんかん薬を規則正しく服用することで、てんかんの発作を抑えるこ
とができるようになります。


スポンサードリンク



てんかんの小発作(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .