心の病気を調べたいトップ > 人格障害依存性人格障害(症状・診断・治療)

依存性人格障害(症状・診断・治療)

依存性人格障害とは?

依存性人格障害とは人格障害のひとつです。
人格障害は、人格が著しく偏ることによって社会生活に何らかの破綻
をきたす障害のことをいいます。しかし、これを精神疾患とするかどう
かには議論があり、また、人格障害の人は自分が病気だとは感じていな
場合が多いのが特徴です。


スポンサードリンク

依存性人格障害の症状

依存性人格障害の大きな特徴は、自分に自身を持てず、日常的な判断や
決断などに対しても、人任せにしてしまうことです。一人になると不安
や孤独感を感じ、親密な指導者なしでは仕事などにも支障をきたしてし
まうよです。

依存性人格障害の診断

依存性人格障害特有の症状から診断がなされます。統合失調症、精神病
性気分障害などと区別することが大切です。
しかし、どの人格障害かを判別することはなかなか困難なようで、複数
の人格障害の診断がなされる場合が多いようです。

依存性人格障害の治療

依存性人格障害のはっきりとした治療法はまだ確立されていません。
しかし状況に応じて、精神療法により社会に適応可能な考え方や行動
に導くといった方法や、抗不安薬や精神刺激薬などを用いた薬物療法
が用いられているようです。


スポンサードリンク



依存性人格障害(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .