心の病気を調べたいトップ > 人格障害統合失調質人格障害(症状・治療)

統合失調質人格障害(症状・治療)

統合失調質人格障害とは?

統合失調質人格障害は人格障害の1つです。
統合失調症の特徴としては、内向的、自分の殻の中に引きこもる、信頼できる友人がなくて信頼のおける関係が作れない、いつも孤立した行動を選択するといった特徴があります。
一方で読書や研究などの学問的研究領域や知的領域などでは熱心な傾向があります。


スポンサードリンク

統合失調神経症の症状

頭語失調神経症の症状としては、社会的技能に障害があります。例えば、世俗的な社会規範や習慣に対しては関心が薄く、異性との関係を確立して持続することも難しいです。
他者との感情を分かち合ったりするやさしさや温かみがなく、共感能力にかけるという症状が見られます。

統合失調神経症の治療

統合失調神経症だけで精神科を受診することは少なく、不安や抑うつ状態になってから受診することが多いです。そして、治療に対しては抗不安薬や抗精神薬などによる薬物療法が用いられます。


スポンサードリンク



統合失調質人格障害(症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .