心の病気を調べたいトップ > 適応障害不安を伴う適応障害(症状・診断・治療)

不安を伴う適応障害(症状・診断・治療)

不安を伴う適応障害とは?

不安を伴う適応障害とは適応障害の1つです。
適応障害とは、個人的な生活上の変化等がストレスとなって
情緒面や行動面などに症状が現れる障害のことです。
社会生活に適応出来なくなり、強い苦痛を感じたりするため、仕事や学
業に支障をきたしたりする場合もあります。比較的若い人が多いのです
が、どの年齢でも起こる可能性があるので注意が必要です。また、女性
の方が、男性の約2倍起こると言われています。


スポンサードリンク

不安を伴う適応障害の症状

不安を伴う適応障害は動悸や、焦燥感、恐怖感などの不安症状があらわ
れてきます。また、、心配性になったりもします。

不安を伴う適応障害の診断

不安を伴う適応障害の症状や発症の原因などを問診により検討します。
大うつ病性障害や不安障害などとの区別が大切です。
また、近親者の死亡と関連していないことも条件となります。

不安をともなう適応障害の治療

不安をともなう適応障害はストレス因子がなくなれば、症状は軽くなっ
ていきます。治療法には薬物療法、精神療法などがあります。


スポンサードリンク



不安を伴う適応障害(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .