心の病気を調べたいトップ > 睡眠障害過眠症(症状・診断・治療)

過眠症(症状・診断・治療)

過眠症とは?

過眠症とは睡眠障害のひとつです。
正常な睡眠が得られず、日常生活に支障をきたす障害を睡眠障害といい
ます。この睡眠障害には、眠れない不民症と眠りすぎてしまう過眠症、
ナルコレプシーなどもあります。


スポンサードリンク

過眠症の症状

過眠症は夜十分に睡眠を取っているにもかかわらず、昼間以上に強い睡
魔に襲わてしまいます。この睡魔は、非常に強く5分と我慢できずに眠
りについしまうようです。
また、これらの状態が2年以上続く場合は反復性過眠症とよびます。

過眠症の診断

過眠症は問診による症状の調査による診断が主になされます。

過眠症の治療

過眠症の原因となる病気がある場合には、その治療を行います。
治療としては精神療法や薬物療法などが用いられます。


スポンサードリンク



過眠症(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .