心の病気を調べたいトップ > 睡眠障害不眠症(症状・診断・治療)

不眠症(症状・診断・治療)

不眠症とは?

不眠症とは睡眠障害のひとつです。
睡眠障害は正常な睡眠が得られず、日常生活に支障をきたす障害を睡眠障害といい
ます。この睡眠障害には、眠れない不民症と眠りすぎてしまう過眠症、
ナルコレプシーなどがあります。


スポンサードリンク

不眠症の症状

不眠症にはいくつかのタイプがあり、寝付くまでに時間がかかる「入眠障害」、ぐっすり眠れず、睡眠による満足感が得られない「熟眠障害」寝ている間に何度も目覚めてしまう「中途覚醒」「早朝覚性」などがあります。
このような症状が長期間続くことを不眠症と呼び、目安として1か月以上になります。もし、長期間の不眠症状が続くようでしたら早めに病院で診てもらうことをお勧めします。

不眠症の診断

不眠症に関しては精神科、神経内科などで受診します。不眠症は問診による症状の調査による診断が主になされます。この際には早期改善のためしっかりと回答するようにしましょう
詳しい検査としては睡眠時の脳波の状態を確認する「睡眠ポリグラフィ検査」や眠りの質を確認できる「アクティブグラフ」等があります。
睡眠障害に関しては以下のサイトが詳しいので、こちらもご参考頂ければと思います。
(参考:睡眠障害・不眠改善サイト「ぐっすりライフ」

不眠症の治療

不眠症の原因となる病気がある場合には、その治療を行います。
治療としては精神療法や薬物療法などが用いられます。


スポンサードリンク



不眠症(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .