心の病気を調べたいトップ > 睡眠障害レム睡眠行動障害(原因・症状・治療)

レム睡眠行動障害(原因・症状・治療)

レム睡眠行動障害とは、レム睡眠中に夢を見ながら、その夢に合わせて勝手に体が動いてしまうという病気です。
レム睡眠行動障害の原因となるのは、頭部の疾患、アルコールによるもの、睡眠不足、薬の副作用などがあげられます。

ただし、このように原因がはっきりするのは全体の約40%のみで、そのほとんどは原因が特定出来ないようです。
ですが、うつ病などと同じで、ストレスが大きく関わっていると思われていて、そのストレスによる行動や症状が原因となっていると言われています。

どんな症状なのか?

レム睡眠行動障害の症状は、眠っているのに、見ている夢と一致する行動や寝言を話すというもの。分かりやすい言葉で言うと、夢遊病と似ているかもしれません。
普通だったら、夢を見ても体は動かないものですが、レム睡眠行動障害になると、夢で見ていることと同じ行動をしてしまうのです。
ただし、夢遊病の場合、記憶には残りませんが、レム睡眠行動障害はその行動がはっきりと記憶に残るという特徴があります。


スポンサードリンク

夢の内容と行動が一致するかが一つのポイント

ですから、眠っているのに何らかの行動を起こしている場合、途中で起こして夢の内容と行動が一致していればレム睡眠行動障害ということになります。
レム睡眠行動障害になったとしても、寝言を言ったり起き上がったりする程度なら問題ないでしょう。しかし、本当に起きているかのように行動する場合には、治療が必要となってきます。

治療について

レム睡眠行動障害の治療には、多くの場合クロナゼパムという薬が処方されます。これだけで、ほとんどの患者さんは異常行動が見られなくなります。
もしこの薬が効かないようなら、不眠治療に使われるメラトニンというホルモン剤が投与されることもあります。


スポンサードリンク



レム睡眠行動障害(原因・症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .