心の病気を調べたいトップ > 摂食障害過食症(症状・診断・治療)

過食症(症状・診断・治療)

過食症とは?

食事の量が極端に減ったり、増えたりすることを摂食障害といいます。
そして、後者を過食症といいますが、その根底には、「やせたい」
という強烈な願望が隠れているといわれています。
小学校高学年〜高校生までの女の子に特に多い病気のようです。


スポンサードリンク

過食症の症状

過食症は、急に暴食をする過食発作が特徴的です。しかし、太りたくな
いという欲求が強いため、暴食後に口に指を突っ込んで食べたものを吐
き出そうとしたり、下剤などを用いて体重を減らそうとしたりすること
があるようです。

過食症の診断

過食症は主に症状から診断がなされます。
他の精神疾患と区別することが大切です。

過食症の治療

過食症は状態によっては入院が必要で、行動療法と合わせた治療法がと
られることが多いようです。他にも、精神療法や薬物療法などが用いら
れます。


スポンサードリンク



過食症(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .