心の病気を調べたいトップ > 虚偽性障害虚偽性障害(症状・診断・治療)

虚偽性障害(症状・診断・治療)

虚偽性障害とは?

虚偽性障害とは、意図的に病気を装い、症状を捏造したりする状態です。
この虚偽性障害は、現実逃避や自己防衛のために病気を装っていることが主な原因ですが、そのほかにもトラウマや子供の時の環境などが影響していることもあります。
男性に多い病気で、医療期間などで働いている人に多いといわれています。


スポンサードリンク

虚偽性障害の症状

虚偽性障害の主な症状は空想とうそという、聞き手が関心を持てば持つほどいい気分になって症状が強くなる傾向があります。
抑うつ、幻覚、奇異的行動などを捏造したり、入院するぐらいの身体的症状を捏造することもあります。

虚偽性障害の診断

虚偽性障害の診断には、検査で身体的疾患や精神疾患が原因でないことを確かめたりします。

虚偽性障害の治療

特に有効な治療法がないのが現状です。慎重な対応が必要とされます。


スポンサードリンク



虚偽性障害(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .