心の病気を調べたいトップ > 身体表現性障害疼痛性障害(症状・診断・治療)

疼痛性障害(症状・診断・治療)

疼痛性障害とは?

疼痛性障害とは身体表現性障害の一つです。
身体表現性障害とは内科的、外科的にも以上がみられず、心理的要因によって身体症状に影響が出ている障害を言います。
疼痛性障害では、体の部位にズキズキとした痛みが発生し、その痛みは体の様々な部位で起こる可能性があります。


スポンサードリンク

疼痛性障害の症状

疼痛性障害では、頭、顔、関節、手、足、関節、腹部、胸部などの様々な部位の1つ以上に、疼痛と呼ばれるズキズキとした痛みが起こります。
原因はよくわかっていませんが、無意識のストレスや不安などが身体症状へと現れていると考えられていますし、本人の性格や家庭環境も関与しているといわれています。

疼痛性障害の診断

疼痛性障害の症状によって、日常生活や仕事、学校などの社会活動にも支障がある場合は病気と診断されます。
また、身体的疾患の有無を確認することも大切です。

疼痛性障害の治療

疼痛性障害障害の治療には、まずストレスによって身体症状が起きているという認識、心の病気であるという本人の認識が大切です。
精神療法では認知療法、支持的精神療法、行動療法、集団療法などがあります。


スポンサードリンク



疼痛性障害(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .