心の病気を調べたいトップ > 不安障害パニック障害(症状・診断・治療)

パニック障害(症状・診断・治療)

パニック障害とは?

パニック障害とは、突然の強い不安に襲われてパニック状態になる病気です。20代〜30代の人が発症しやすく、女性の方が多い傾向にあります。
原因はストレスが引き金となって、神経伝達系に興奮を起こして引き起こされるといわれていますが、性格や生育環境なども関係しているといわれています。


スポンサードリンク

パニック障害の症状

突然のパニック発作が起こります。パニック発作は急性の不安や恐怖感が起り、症状には動悸・胸痛・めまい・震え・息苦しさ・発汗・痺れ・離人症状などがあります。
いつ発作が起こるかわからないので、恐怖感や不安にも襲われることがあります。

発作は反復性があり、一般的に20分〜30分続きます。

パニック障害の診断

パニック発作が繰り返し起こり、1ヶ月以上にわたる再発・結果の心配で、生活・行動が大きく変化するのが、DSM-Wによるパニック障害の診断基準です。

パニック障害の治療

パニック障害の治療法には薬物療法や精神療法があります。
薬物療法には抗不安薬、抗うつ薬などが使用されます。精神療法には認知療法や行動療法などがあります。


スポンサードリンク



パニック障害(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .