心の病気を調べたいトップ > 不安障害全般性不安障害(症状・診断・治療)

全般性不安障害(症状・診断・治療)

全般性不安障害とは?

全般性不安障害とは、漠然と不安を生じて身体にも症状が現われる病気です。全般性不安障害では不安に思うことがありますが、漠然としていて何が原因で不安なのかがはっきりしません。
20代の女性に多い病気で、ストレスや遺伝、生物学的要因などの様々な要因が絡み合って生じるといわれています。


スポンサードリンク

全般性不安障害の症状

漠然とした不安の状態が数週間〜6ヶ月以上続いて、精神症状だけではなく身体にも症状が現われることがあります。
精神症状には焦燥感、無気力、集中力低下、思考力低下などがみられます。身体的症状には、頭痛、めまい、筋肉痛、疲労感、下痢、便秘、嘔吐など様々です。

全般性不安障害の治療

自分でコントロールできないほどの不安や心配が原因となって、6ヶ月以上日常生活に支障がおきていることがDSM-Wによる診断基準となっています。
身体疾患でないことを確認することも大切です。

全般性不安症候群の治療

全般性不安症候群の治療には精神療法と薬物療法があります。
精神療法には力動的精神療法、認知行動療法などがあり、薬物療法には抗不安薬、交感神経遮断薬、抗うつ薬などが使用されます。


スポンサードリンク



全般性不安障害(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .