心の病気を調べたいトップ > 不安障害強迫神経症/強迫性障害(症状・診断・治療)

強迫神経症/強迫性障害(症状・診断・治療)

強迫神経症(強迫性障害)とは?

強迫神経症は、現在では強迫性障害と呼ばれ、自分の強迫観念や強迫行為に縛られて苦しむ、不安障害の1つです。
例えば、何度も手を洗い続けたり、鍵の確認を何度も繰り返すといった強迫行為などがあります。

不安を強く抱いてしまう強迫観念とその強迫による行為(強迫行為)の両方を持つ人が、約7割を超えます。
また、約3分の2の患者さんが25歳以前に発症し、強迫神経症によってうつ病、摂食障害などの合併症を引き起こすことも多いです。


スポンサードリンク

強迫神経症の症状

強迫神経症の症状は突然起こり、自分でその強迫観念や強迫行為がわかっていても、止めることができなくなります。
そして、このような強迫観念や強迫行為に対して苦痛を感じたり、時間を浪費してしまうために、日常生活に支障が出る可能性もあります。

強迫神経症の診断

強迫神経症の診断には、身体的疾患の有無を確認したり、DSM-Wの診断基準を参考にしたりして診断を行います。
強迫神経症の診断のポイントとなることは、強迫行為や強迫観念の有無を確認することです。

強迫神経症の治療

強迫神経症の治療には、薬物療法と精神療法があります。
薬物療法では、抗うつ薬や抗精神薬などが使用されます。精神療法では、主に行動療法が有効であるといわれています。行動療法のなかでも暴露療法が有効です。
強迫神経症の症状が強い場合は、入院が必要なこともあります。


スポンサードリンク



強迫神経症/強迫性障害(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .