心の病気を調べたいトップ > 不安障害自己視線恐怖症(症状・治療)

自己視線恐怖症(症状・治療)

自己視線恐怖症とは?

自己視線恐怖症とは自分の視線のせいで相手が不快に思わないかという、不安や恐怖を感じる恐怖症です。自己視線恐怖症になる原因には、子供の頃の恐怖といった原因がわかっていることもありますが、はっきりとわかっていないことも多いです。


スポンサードリンク

自己視線恐怖症の症状

自己視線恐怖症の症状には、自分の視線が相手を不快に思わせていないかという不安や恐怖を抱くため、相手を見つめることができなることもあります。そのため人間関係に支障が出る可能性があります。また不安や恐怖によって動悸、震え、めまいといったパニック発作を引き起こすこともあります。

自己視線恐怖症の治療

自己視線恐怖症の治療には薬物療法や精神療法があります。薬物療法には抗不安薬、抗うつ薬、β遮断薬などが使用されます。精神療法には行動療法や集団療法などがあります。その他には呼吸法やリラクゼーション法を取り入れることもあります。


スポンサードリンク



自己視線恐怖症(症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .