心の病気を調べたいトップ > 不安障害動物恐怖症(症状・治療)

動物恐怖症(症状・治療)

動物恐怖症とは?

動物恐怖症とはヘビ、蜘蛛、ゴキブリといった動物や昆虫に対して恐怖を感じる恐怖症です。動物恐怖症になる原因には、子供の頃の恐怖といった原因がわかっていることもありますが、はっきりとわかっていないことも多いです。


スポンサードリンク

動物恐怖症の症状

動物や昆虫に対して強い恐怖を感じ、動悸、震え、めまいといったパニック発作を引き起こすこともあります。

動物恐怖症の治療

動物恐怖症の治療には薬物療法や精神療法があります。
薬物療法には抗不安薬、抗うつ薬、β遮断薬などが使用されます。精神療法には行動療法や集団療法などがあります。
その他には呼吸法やリラクゼーション法を取り入れることもあります。


スポンサードリンク



動物恐怖症(症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .