心の病気を調べたいトップ > 不安障害社会恐怖/対人恐怖(症状・診断・治療)

社会恐怖/対人恐怖(症状・診断・治療)

社会恐怖/対人恐怖とは?

対人恐怖は少し知っている人との1対1に恐怖を感じるもので、社会恐怖はどんな人にも接することに恐怖を感じることをいいます。
日本では社会恐怖より対人恐怖のほうが多く、遺伝・ストレス・生物学的要因などが関係しているといわれています。


スポンサードリンク

社会恐怖/対人恐怖の症状

社会恐怖による症状は、不安・恐怖を感じて人前で話すことができず、人ごみや広い場所でも恐怖を感じます。対人恐怖の症状には、よく知らない人との1対1に不安や恐怖を感じます。
動悸、震えなどのパニック発作を引き起こすこともあります。

社会恐怖/対人恐怖の診断

社会恐怖の診断には、その症状によって、自分の役割を果たす能力が妨げられているかを確認します。

社会恐怖/対人恐怖の治療

対人恐怖・社会恐怖の治療には薬物療法と精神療法があります。
薬物療法には抗うつ薬、抗不安薬、抗精神病薬、β遮断薬などが使用されます。精神療法には行動療法、集団療法、森田療法などがあります。


スポンサードリンク



社会恐怖/対人恐怖(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .