心の病気を調べたいトップ > 不安障害広場恐怖(症状・治療)

広場恐怖(症状・治療)

広場恐怖とは?

広場恐怖とは、駅、電車やエレベータの中などにいると、自分が逃げられない場所にいると考えて、強い恐怖感を覚える状態を広場恐怖といいます。
広場恐怖はパニック障害を伴うことが多く、不安に対する神経伝達物質の過剰分泌や、もののとらえ方のゆがみが関係しているといわれています。


スポンサードリンク

広場恐怖の症状

広場恐怖の症状では、人ごみや広い場所にいると強い恐怖感や不安を覚えます。その結果、頭痛、めまい、震え、動悸といったパニック発作を引き起こすこともあります。

広場恐怖の治療

広場恐怖の治療には薬物療法と精神療法があります。
薬物療法には抗うつ薬、抗不安薬などが使用されます。精神療法では認知療法で、もののとらえかたを修正したり、行動療法などが取り入れられます。


スポンサードリンク



広場恐怖(症状・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .