心の病気を調べたいトップ > 気分障害気分変調性障害(症状・診断・治療)

気分変調性障害(症状・診断・治療)

気分変調性障害とは?

気分変調性障害は抑うつ神経症とも呼ばれ、軽いうつ状態が慢性的に続く病気です。男性よりも女性の方が多い病気で、原因はストレスによるものが大きいといわれています。
なお、気分変調性障害はうつ病ほど重くはありません。


スポンサードリンク

気分変調性障害の症状

気分変調性障害の症状には、憂鬱な状態、疲れやすい、気力の低下、集中力低下、注意力低下、判断力低下などがあり、自信が無くなったり、落ち込みが激しくなることもあります。

気分変調性障害の診断

憂鬱な状態がほとんど1日中続いて、そのような状態が2年以上続くことがDSM-Wの診断基準にあります。

気分変調性障害の治療

気分変調性障害の治療には主に精神療法や薬物療法が行われます。
精神療法には、認知療法、精神分析療法などがあり、薬物療法には抗うつ薬などが使用されます。


スポンサードリンク



気分変調性障害(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .