心の病気を調べたいトップ > 気分障害双極性障害/躁うつ病(症状・診断・治療)

双極性障害/躁うつ病(症状・診断・治療)

双極性障害(躁うつ病)とは?

双極性障害とは躁うつ病とも呼ばれて、躁の状態とうつの状態が交互にみられる病気です。
双極性障害にはT型とU型に分類されて、T型は躁と鬱がはっきりしているタイプで、U型は鬱ははっきりしてますが躁は軽いタイプです。
原因はストレスも大きな要因ですが、遺伝や生物学的要因も関わっているといわれています。


スポンサードリンク

双極性障害の症状

双極性障害の症状は躁の状態と鬱の状態が交互に現れます。
躁の状態では、陽気になって、活動的、おしゃべりになります。誇大妄想や攻撃的になることが多く、注意力は散漫になりますが食欲や性欲が高まります。

一方鬱の状態では、憂鬱な気分になって普段は喜びや興味を感じるものにも気持ちが湧かなくなります。集中力や思考力が低下して、食欲減退や焦燥感などもみられます。

双極性障害の診断

双極性障害の場合は必ず躁の状態が見られます。

双極性障害の治療

双極性障害の治療には、主に薬物療法で行われます。
薬物療法には抗躁薬、抗てんかん薬、鎮静薬、抗精神病薬、抗うつ薬などが使用されます。


スポンサードリンク



双極性障害/躁うつ病(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .