心の病気を調べたいトップ > 気分障害大うつ病性障害/うつ病(症状・診断・治療)

大うつ病性障害/うつ病(症状・診断・治療)

大うつ病性障害/うつ病とは?

大うつ病性障害はうつ病のことで、憂鬱な気分になって元気が無くなり興味も喪失する病気です。 約15%の人が一生に一度はうつ病にかかるともいわれており、日本では中高年層に多い傾向にあります。

うつ病のはっきりした原因は解明されていませんが、生活上のストレス、遺伝的な要素などが考えられています。 特にストレスに関しては几帳面な人、正義感の強い人、完全主義の人などがうつ病になりやすいといわれています。


スポンサードリンク

大うつ病性障害/うつ病の症状

うつ病の特徴は憂鬱な気分になって、興味や喜びを感じるときにも気持ちが喪失しているのが特徴です。
そのため、無気力、思考力低下、注意力低下、食欲減退などの様々な症状がみられ、睡眠障害があらわれることもあります。

大うつ病性障害/うつ病の診断

抑うつ状態や興味や喜びの喪失を確認します。
その他には体重が減少していないか、食欲が減退していないか、睡眠障害になっていないか、などの様々な症状を確認します。

大うつ病性障害/うつ病の治療

治療を受けない場合は半年以上続きますので、治療することが大切です。
治療には薬物療法、精神療法、そして休養などを取り入れながら治療します。

薬物療法では、抗うつ薬や抗精神病薬を使用し、精神療法には認知療法、行動療法、対人関係療法などがあります。


スポンサードリンク



大うつ病性障害/うつ病(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .