心の病気を調べたいトップ > 物質関連障害物質依存(症状・診断・治療)

物質依存(症状・診断・治療)

物質依存とは?

物質依存とは、ある物質(主に薬物)が原因による依存症状のことを
いいます。この依存性物質は有名なものではモルヒネやコカイン、大
麻、覚醒剤、LSDなどがあげられます。他にも、催眠薬やシンナー、
ガソリンなどでも発病する可能性があります。興味本位での使用は
ぜったいにやめましょう


スポンサードリンク

物質依存の症状

物質依存の主な症状としては、アルコール依存症の場合と同様に禁断症
状があらわれてきます。他にも、不眠症、寝汗、発汗、動悸、吐き気な
どの症状があらわれます。また、これは依存物質によっても異なるのが
特徴です。

物質依存の診断

物質依存の診断には、主にあらわれている症状で判断します。また、麻薬
などの場合には尿検査で確定でき、診断した医師には届け出の義務がかせ
られています。

物質依存の治療

物質依存の治療は、依存物質を完全に絶つことが必要になります。ほと
んどの場合は、入院し精神療法、薬物療法などと併用して治療を行いま
す。


スポンサードリンク



物質依存(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .