心の病気を調べたいトップ > 物質関連障害アルコール依存症(症状・診断・治療)

アルコール依存症(症状・診断・治療)

アルコール依存症とは?

アルコール依存症とは、アルコールが原因でおこる物質依存症のこと
です。日ごろからアルコールを大量摂取していると発病する可能性が
あります。酒に強く、なかなか酔わない人の方が発病しやすい病気の
ようです。


スポンサードリンク

アルコール依存症の症状

アルコール依存症の主な症状としては、離脱症状が上げられます。これ
は、飲酒をやめることによって起こる禁断症状のことで、手の震えや幻
覚などがあげられます。他にも、不眠症、寝汗、発汗、動悸、吐き気な
どの症状があらわれます。

アルコール依存症の診断

アルコール依存症の診断は主に症状の確認によっておこなわれます。
また、普段の飲酒量などの問診も重要な判断材料となります。

アルコール依存症の治療

アルコール依存症の治療には、現在のところ断酒しかないと言われてい
ます。治療には本人の意思が不可欠であるため、完治はなかなか難しく
完治割合は30%程度ではないかといわれています。


スポンサードリンク



アルコール依存症(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .