心の病気を調べたいトップ > 痴呆・認知障害等血管性痴呆(症状・診断・治療)

血管性痴呆(症状・診断・治療)

血管性痴呆とは?

血管性痴呆は、脳血管の障害が原因の痴呆のことです。血管性痴呆にな
りやすい病気や体質としては、高血圧や高脂血症、心臓病、糖尿病など
が考えられます。また、飲酒や喫煙をする人の方が血管性痴呆になりや
すいといわれています。


スポンサードリンク

血管性痴呆の症状

血管性痴呆の症状としては、まず記憶力や判断能力の低下が挙げられま
す。症状が進行していくと、食事などをとらずぼんやりと過ごす洋にな
る場合が多いようです。そして、歩行が困難になり、寝たきりになって
しまうようです。

血管性痴呆の診断

血管性痴呆は面接や問診を行うことにより、痴呆の程度を判断します。
また、家族から異常行動をしていないかなどを聞くこともあります。
他にも、X線CT、MRIなどを診断の補助として用います。

血管性痴呆の治療

血管性痴呆そのものに対しては、抗うつ薬や抗精神病薬などを用いた薬
物治療が主流となります。


スポンサードリンク



血管性痴呆(症状・診断・治療)は以下のカテゴリに属しています。


心の病気の治療沢山ある心理療法
心のケアをサポートする施設

Copyright(c) 心の病気を調べたい All rights reserved .